チャリンコ・ドライバーの写真日記

飛行機の写真を主に、その日の出来事を綴っています。

映画 “フューリー” に因んで  後編

img188.jpg

 ドラマでも映画でも観る時にマニアにとって一番の興味は、オリジナル度ではないだろうか?

過去に作られたそれらを観た時、思わず首を傾げたくなったり失笑してしまう事はよく有る
事だが、今回のフューリーはその点良く作られていると思う。

映画なので致し方が無い場面もあるけれど、それよりも細部に渡る拘りが凄い。

特に注目したのが軍服。
ミリタリー雑誌にも紹介されているが、登場人物によって服の違いを表し、それによって
その人物の立場を表現している事が良く見て取れる。

その中でも、主演の ブラッド・ピット 扮する “コリアー軍曹” が着ているジャケット。
一見何気ない “タンカースジャケット” なんだけれど・・・

DSC_9684.jpg




 
実は、コリアー軍曹が着ている ジャケットは、初期型。
タンカースジャケットは、大きく分けて 初期型と後期型とに分かれる。
一番の違いは、ポケットの容。

DSC_9685_20141130130113014.jpg

初期型は、Dポケットと呼ばれる物が前に付いていて、後期型はこれが廃止され良く有る服の中に入る
ポケットに変わっている。

コリアー軍曹だけがこのジャケットを着ている訳だが、これによって彼が古参のベテラン兵士だと
言う事を観客にアピールしている。

こういう拘りが、マニアにはたまらない。 (笑い



無類のジャケット好きな為、多くのフライトジャケットを収集しているが、タンカースは二着のみ。

一着が、この大戦モデル。
これは、リアルマッコイのレプリカ。
レプリカではあるが、当時の物を良くコピーしていると思う。

そして、もう一着が現在のアメリカ軍のタンカース。
これは、支給品。

DSC_9687.jpg



このジャケット、ヘリのクルーに支給される物に似ているが、大きな違いが一つ。

後ろの首周りに、ベルクロ止めされた開口部が有る事。
DSC_9690_20141130130116e11.jpg

何の目的かは、負傷して動けない乗員を外から引っ張り出す際に、ここから手を入れ
持ち上げる為である。
思わず、「なるほど!」 と思ったが そう言う事が マニアの心をくすぐるんだね。



これ以外にも様々な拘りが有る、 “フューリー”  とてもお勧めである。




スポンサーサイト
  1. 2014/12/01(月) 15:50:58|
  2. コレクション・ルーム

プロフィール

チャリンコ・ドライバー

Author:チャリンコ・ドライバー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の空模様 (274)
今日の我家 (9)
遠征日記 (117)
懐かしの翼 (4)
飛行機雲 (26)
今日のお買物 (3)
コレクション・ルーム (18)
第2章 (0)
未分類 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR