チャリンコ・ドライバーの写真日記

飛行機の写真を主に、その日の出来事を綴っています。

夏の遠征記 その9

DSC_4217.jpg

 今回の遠征で観たかったチームの一つが、ターキッシュスターズ。

塗装を変え、機数を8機から6機に縮小したので、どうかなぁ? と心配したが驚いた。
更に進化している。

RIATで初めて観た時は、結成間もない時期で 「単に編隊で飛んでいる」 と言った
感じだったが、その後 8機に機体を増やし内容もF-5の特性を活かし、アメリカン・アクロと
ヨーロピアン・アクロの “良いとこ取り” の様な感じで驚かせてくれた。

今回は更にそれを凝縮した感じで、もう鳥肌が立っちゃたよ~ (笑


DSC_5660.jpg


前回は、観客の前には機体を置いてなかったが会場に入ると、ロシアンナイツとターッキュシュが
並んでいたので、エンジンスタートから観れると思い、迷う事無く機体の前に陣取りました。

駐機場所は会場の左端の為か、観客は比較的少ないです。
本々、フライトを楽しむ為か、エンジンスタートには興味が無いのでしょうか?
でも、エンジンが掛ったら集まってきたけれどね。 (笑


そして、もう一つ驚かせてくれたのが ウォークダウン・バックが有った事。
ヨーロッパのアクロは、離陸から着陸までが演技なのでターキッシュは、やらないと思っていました。

DSC_3233.jpg


ターキッシュのウォークダウン・バックは、バーズやブルーズの様に、キビキビとした一糸乱れぬ物とは違い
自然体な感じです。
でも、それが妙に カッコイイんです!!!

もう 最初から感動 (笑

DSC_5346.jpg

DSC_3247.jpg


自然体ですから、敬礼はしません。
最初から最後まで 握手です。

DSC_3264.jpg


DSC_4181.jpg



前回も書きましたが、ショーは休む間が有りませんので、ウォークダウンをやっていても
上空では飛んでいますし、エンジンスタートしている前を別の機体が転がっても行きます。

ですから構図を考えている暇などは無く、体が反応するままにシャッターを切るだけです。
その為、ピンボケ、斜め の連発。
撮った枚数も過去最高 未だに全てチェック出来てません。 (汗
こんな撮り方、初めてかなぁ?

DSC_3463.jpg


終わった後は、チョット放心状態になっちゃったぁ~ 
でも日曜日は、流れが判っていたので落ち着いて観れたけれどね。 (笑

取り合えず、今日はここまで。
演技の模様は次回に。




スポンサーサイト
  1. 2013/08/16(金) 15:57:22|
  2. 遠征日記

プロフィール

チャリンコ・ドライバー

Author:チャリンコ・ドライバー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の空模様 (287)
今日の我家 (9)
遠征日記 (120)
懐かしの翼 (5)
飛行機雲 (26)
今日のお買物 (3)
コレクション・ルーム (18)
第2章 (0)
未分類 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR